不動産の売買、賃貸、有効活用は、
あなぶき不動産流通にお任せください

トップ > 事業内容 > CRE
CRE

当社は、あなぶきグループのグループ力を活かし、地域に密着した事業活動を通じて、
法人様のCRE戦略のお手伝いをさせていただきます。

CRE

CRE(Corporate Real Estate)とは、企業が経営において利用(所有、賃借)する不動産のことをいい、日本語では企業不動産とよばれています。

CRE戦略とは、企業不動産について、『企業価値向上』の観点から経営戦略的視点に立って見直しを行い、不動産投資の効率性を最大限向上させていこうという考え方を示すものです。
(国土交通省「CRE戦略を実践するためのガイドライン」(CRE研究会)より)

CREの対象となる不動産の種類

企業が経営において利用(所有・賃借)するすべての不動産が対象となります。

・本社、支店、営業所、店舗、工場等の事業を目的として所有又は賃借する土地建物
・社宅、寮、保養所等の福利厚生を目的として所有又は賃借する土地建物
・その他遊休地等

CRE戦略

企業におけるCREの現状把握

すべての不動産に関する内容を見える化
(遊休地、収益が少ない不動産の割り出し etc.)

不動産情報の一元管理

価値の分析、評価

不動産の市場価値、企業としての不動産の使用価値を分析、評価

保有リスクの検証

財務、法令、環境などから見たリスクの抽出

CRE戦略上、有効な不動産の割り出し

CRE戦略実行

「保有、賃借」「売却、証券化」「拠点の統廃合」「建替え」など

CRE戦略で得られる効果

直接的効果

コスト削減

コスト削減

業務のアウトソーシング、立地やオフィススペースの見直しを図り、必要に応じて拠点の統廃合を行うことなどでコスト削減につなげることが考えられます。不動産に直接係るコストだけでなく、物流コストや当該地域における人件費・人材募集費の水準など不動産の立地条件に伴って発生してくるコストも含めて総合的に見直しを図ることが必要です。さらに、IT・ネットワークの技術を最大限活用することで、オフィススペースの縮小・立地の適正化などを図り、コスト削減につなげることも可能となります。

キャッシュ・イン・フローの増加

キャッシュ・イン・フローの増加

企業不動産の効率性の低下等に伴って発生する様々なロス、すなわち収益機会を企業が見逃していることによる損失を分析・評価することで、適切に認識することが重要です。そのうえで、その目に見えないロスの発生を食い止め、収入の増加機会に結び付ける方策を考えることとなります。

経営リスク分散化・軽減・除去

経営リスク分散化・軽減・除去

不動産が経営に与えるリスクとは、不動産固有のリスク、市況リスク、減損会計に代表されるような新制度導入に伴うリスクなどが挙げられます。不動産のリスクマネジメントから解放されるために、不動産をオフバランスすることや、業務そのものをアウトソーシングすることも選択肢の一つとなります。

顧客サービスの向上

顧客サービスの向上

CRE戦略は顧客に対する価値を生み出しますが、直接的な効果としては、企業不動産の適正配置による、利便性・サービス・品質の向上が挙げられます。また、間接的な効果としては、CRE戦略に伴うコストダウンにより適正な価格で製品・サービスを提供できるようになることが挙げられます。

コーポレート・ブランドの確立

コーポレート・ブランドの確立

特定の地域に特化して不動産投資を行うこと、またランドマークとなる著名な不動産を所有することなどが、コーポレート・ブランドの確立や顧客満足度の向上に直接つながることもあります。

資金調達力アップ

資金調達力アップ

CRE戦略導入によって、不動産価値の上昇やキャッシュフローの増加に成功した場合には、副次的な効果として資金調達力がアップすることとなります。

経営の柔軟性・スピードの確保

経営の柔軟性・スピードの確保

企業内部に経営トップ直轄のCRE専門組織を作る、あるいはグループ再編により、本業と切り離した形で不動産子会社を作るなどにより、取得・賃借から売却に至るまでの全ての企業不動産に関する意思決定が、容易に、かつ、的確に行われるようになります。

CRE戦略で不動産のお悩み解決いたします。お気軽にご相談ください!CRE戦略で不動産のお悩み解決いたします。お気軽にご相談ください!
お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
page top
あなぶき不動産流通